ホーム > ニュース > 本文

商品とサービス税は10月にインドのアパレルで40%減に牽引された

Nov 17, 2017

インドの衣服輸出は、2017年10月に40.75%減の53,980.8ルピーと急激に減少したが、前年同期の91.7575クロレ 産業商務省が発表したインドの貿易推計によると、これにはすべての繊維衣料品が含まれる。


糸、織物および完成品を含む人工繊維の輸出は、8.26%減のRS。 2016年10月の251.51億ルピーと比較して2億9,574万ユーロとなりました。


しかし、糸、織物、完成品、手作り繊維を含む綿織物の輸出は、前年同期の525,396百万ルピーから2.21%増加し、536.997ルピーとなった。


2017年10月のジュート製品の輸出は、前年同期より6.29%増加した150.228億ルピーであったのに対し、カーペット輸出は33.03%減の66.72億ルピーとなった。


全体として、2017年10月のインドの輸出品目は、1兆5032.5億5千万ルピーであり、2016年10月の1兆5,926億7300万ルピア、3.59%減少した。 これにより、輸出は13ヶ月連続で増加した。 物品税(GST)の導入は輸出者の運転資本の不足につながり、これが輸出の減少の主な理由であった。


2017〜2018年と4〜10月の累積輸出額は1,097,858.868クローであり、累計輸出額は昨年同期の5.63%増の10,392,975,900クローであった。


一方、2017年10月の輸入額は2416.5万クローズで、2016年10月の2,3024.681ルピーの輸入額に対して4.91%のプレミアムであった。2017-18年の4~10月の輸入総額は1,653,431,500,000ルピー前年同期比17%増の1,403,915,150,000ルピーとなった。